式内社 御祭神 高皇産霊神 
たかみむすびのかみ  
 
本殿に向かい参拝    愛知県尾張旭市印場元町5丁目3の1   神前にて宮司参拝

     

高皇産霊神 たかみむすびのかみ
website menu


  1. 厄年・厄祓い早見表2019
  2. 社務所・授与品・ご朱印
  3. 澁川神社 境内      
  4. よこそ澁川神社へ

  1. 橿原神宮祈年祭 2014
  2. 古文書 おかげ参り 2014  
  3. 伶人と雅楽のお話し 2014
  4. 杜の響き千雅翁       
  5. 再建10周年記念アルバム
 画像は 大鍬祭の懐かしい想い出 2014-2019  澁川神社から直曾神社へと続き最後は二反田への巡行アルバム 06月19日   令和元年 8月 23日(金曜日)

エントランス頁へ ようこそ澁川神社 2019 祭事と行事 神社の神々 神社の古文書 雅楽と楽士 俳句・短歌集 権禰宜のお話 杜の響き千雅翁 神社再建十周年
 

   澁川神社 祭禮と行事予定
        令和元年 8月 23日現在

  9月祭事行事
      1日(日) 9月 月次祭
            高龗社秋季祭
      
 

  10月祭事行事
     
14日(月祝)秋祭り(四大祭)
      29日(火) 本祭り
      


  令和元年 祭禮・行事予定

 
  令和元年神社 情報掲載記録

      令和元年 8月 23日現在

 0819 エントランス頁「真夏の境内にて」更新
 0816 八月の各地神社祭事行事など
 0815 季節だより、緑と木陰
 0808 「初秋八句集」ご紹介
 0808 2016年 9月月次祭・高龗社秋季祭画像
 0804 8月 月次祭斎行

 0804 8月-10月 祭禮と行事 ご案内
 0803 「葉月俳句 ・ 詩」ご紹介
 0801 大鍬祭2014-2019年アルバム掲載
 0731 杜の響き第58章掲載
 0719 大鍬祭 神社-直曾神社-二反田お天王さん
    を巡業し穀豊穣を祈願する夏の祭事」
 0715 「権禰宜のお話 17編」掲載
 0709 「夏越大祓・茅の輪くぐり」斎行
 0707 7月 月次祭斎行
 0627 春の叙勲関連記事 掲載
 0616 俳句十首「お題 夏」掲載
 0616 「ああ、えひめ丸 遭難十周年 追悼歌」
 0612 澁川神社夏の祭事「夏越の大祓」ご案内
 0611 伊勢神宮 7~8月祭祀と行事
 0609 俳句・短歌・詩の集いオ-プン
 0606 最近の出来事など、お知らせ
 0602 6月2日 和らぎ会 八雲(二弦)琴献奉
 0602 6月月次祭・御田植祭斎行
 0601 「杜の響きメッセージ綴り-5・6編」
 0601 神社からのお知らせ更新





  伊勢神宮祭事情報
 
夏期 神宮の主な祭祀・行事
      
  9月 神宮の主な祭祀・行事

  1・抜穂祭(ぬいぼさい)9月上旬
 
10月の神嘗祭を始め、諸祭典にお供えする
  御料米の初穂を抜き奉るお祭りです。
  忌鎌で稲を刈り、その穂を一本づつ抜いて
  束ね、内宮は御稲御倉に、外宮は忌火屋殿
  内に奉納し祭典前にお下げします。
  4月の神田下種祭と共に神嘗祭に付属する
  お祭りです。
    
  ・秋季皇霊祭遥拝 9月秋分の日
       (しゅうきこうれいさいようはい)

  歴代の天皇・皇后・皇族などの御霊をお祀り
  する皇居内の皇霊殿に於いて、天皇陛下御親
  らお祭りを執り行わせられるにつき、神宮に
  於いても遥拝式を行います。

  3・大祓(おおはらえ)9月30日
  10月の神嘗祭に先立ち、大宮司以下の神職
  と薬師をお祓いする儀式が執り行われます。


 

   神社で行われる 八月 祭事行事

 八月は祭事行事を行う神社は少なくなります。
 それでも、各地では市民を交えた行事も多くありま
 す。暑い八月の祭事・行事、ご紹介しましょう。

  伊勢神宮 風日祈祭(かざひのみさい)8月4日
 農作物の成育期にあたり、天候が順調で風雨の
 災害もなく五穀の稔が豊かであるよう御幣を捧
 げてお祈りすお祭りです。


  熱田神宮
 神輿渡御神事(しんよとぎょしんじ)
 天慶二年、平将門が下総に謀反を起こした際に藤
 原忠文、源経基らは天皇の勅(天皇のお言葉)を奉
 じ熱田神宮に逆賊誅伐祈願を行いました。
 そのため神輿は愛知郡星崎の邑に渡御され、霊験
 あって祈願成就致しました。この故事にならい毎年
 八月八日に神輿は摂社 「孫若御子神社」に渡御さ
 れましたが、戦後は、事情により、本宮において祭典
 が行われています。

  橿原神宮 8月上旬
 県内の小学生に参加を呼び掛け、夏休みの5日間
 神宮神域の森林内や施設を利用して、多種目に亘
 って学習が行われます。

  明治神宮 / 平安神宮  祭事行事なし

  近江大社
 弘文天皇祭 8月25日、  献書祭 8月24日


  八坂神社 8月7日 七夕祭

  北野天満宮 8月4日 例祭(北野祭)
 永延元年(987)に一條天皇の勅使をお迎えした
 ことから、皇室の繁栄と国家安泰、五穀豊穣、無病
 息災を祈願します。

  石清水八幡宮 8月15日 月次祭

  熊野本宮大社 精霊萬燈篭 8月15日
 ご先祖のみたまを熊野川の河原に勧請し和め奉る
 祭事です。

  生田神社 8月3日~5日 大海夏祭
 境内南側に御鎮座し、海運守護、道開き、交通安全
 の神、猿田彦命を祀る末社、大海神社の祭典。

  宇佐神宮 8月7日 虫振祭/風除祭
 虫振祭:御殿内の装束及び宝物類の虫干し神事。
 風除祭:風水害や病虫害からの被害を受けやすい
 8月の時期に稲や農作物の安全な生長を祈念する
 祭典です。

 
 
   杜の響き第58章 
                         
  鎮守の森(植樹祭を顧みて)

  令和元年第70回全国植樹祭が天皇陛下ご臨席の下、
 当地県立森林公園で厳かな雰囲気の中、盛大に挙行され
 ました。
  令和への御代替わり後、初の天皇皇后両陛下お揃いの
 国内行幸と相成り愛知県では前日來慶賀に包まれました。
  県民挙げての行事として位置づけて、約一年前からシ
 ンボルの木製地球儀を愛知県内市町村にリレー展示する
 等、準備を怠る事無く尾張旭市を主会場にメインイベン
 トの6月2日を迎えました。

  初回植樹祭は昭和25年に遡ると言われ第二次世界大
 戦で荒廃した国土の復興を目指した企画でした。翌26
 年には対戦国との平和条約が締結され日本国の主権が認
 められた時期でもあり、平和国家建設の黎明期と受け止
 めています。
  今回メイン会場に選定された森林公園は、昭和9年に
 開園されたものの戦中戦後には燃料用に樹木が伐採され
 ため禿山が点在する有り様でしたが、戦後の行政による
 指定管理の下見事に整備され、知事の先見の明もあって
 当時の庶民感覚では及ばぬ36ホールのパブリックゴル
 フ場まで設置されました。      

  毎年天皇陛下のご臨席で開催される植樹祭は、後発の
 豊かな海つくり大会とともに国民が自然環境の保持育成
 を再認識する機会となっています。
  日本は文明国の中でも特に森に恵まれた国土であり、
 日常生活に浸透した風土を背景に国民は美しく豊かな森
 を後世に残す意識を自然に体得しています。中でも古神
 道は発祥源に神籬(ひもろぎ)信仰があり、自然界の恵
 みに感謝し富士山御嶽山などの山々を霊峰と崇め、また
 身近な大木、大石、滝にも永代の存在に敬意を抱き人智
 の及ばぬ霊魂を意識することになり、祠や注連縄を設け
 たりして、互いに伝達して連帯感を醸し出す多くの場所
 が派生しました。  

  やがて、自然崇拝と精霊崇拝に立脚した神社神道が形
 成されると、御神体の山などが存在しない集落に設けら
 れた社殿では、常世(とこよ)と現世(うつしよ)の端
 境として鎮守の森を創り神聖な領域を確保すると共にま
 た時として神木や霊石を定めたりして神々を人々に認知
 定着させたと推測されます。

  神社が崇敬場所として確立されるとその歴史と共に各
 種の逸話を得て存在感も増し、こころの拠り所となって
 次世代へと順次継承されてきました。
  弊社も古絵で社叢林、街道木の生い茂る様子が見られ
 るが、今は都市化による周囲の環境変化と自然災害が相
 俟って、境内規模も縮小し動植物の生態系も著しく異な
 っています。

  古代より森林に恵まれた環境の中で文明を発展させた
 日本人の気質を大切に、時代に即した社叢林の存在価値
 を求め境内の整備に当たって参ります。
  鎮守の森に囲まれた神社境内が崇敬者の皆様にとって
 憩いと癒しの場となり、更には絆の醸成に寄与出来れば
 幸甚に存じます。

      令和元年8月1日掲載  渋川神社 千雅翁


 
      杜の響き総括編はこちらから・・
   
  

       葉月 月次祭斎行
          令和元年 8月 4日

  当日は、8月に行われる唯一の祭事、月次祭が、暑い夏日
 の最中、粛々と執り行われ、恙無く終えることが出来ました。
  境内は夏の景色に染められて、木々は茂り神田の稲も大き
 く順調に育ち、逞しさを感じる程でした。
  8月の神社の祭事は伊勢神宮を始めとして、春秋冬と比較
 した場合、多くの神社では、少なくなります。
  神様も暑い夏のこと、お隠れになっているのでしょうか。

      

 
  

         大鍬祭 おおくわさい
           令和元年 7月19日斎行

  古くは伊勢神宮に鍬型の榊が発見され、祥瑞とし豊作が
 予兆され始まったとされる説など、諸説が存在する祭事で
 す。この尾張地域では数十年に一度実施されると伝えられ
 てきましたが、実施年の間隔が長く、資料もなく詳細に伝
 承される事も無く、各地で其々の形で行われ、現在に至っ
 ているのです。又、祭りが行われている所が少ないのも特
 徴かと思います。 今では、忘れかけている祭事の一つで
 す。
  大鍬祭(御鍬祭)は本来稲作の豊かな収穫と虫除けの意
 味合いが強い祭りであると考えられますが、その詳しい由
 来は分かっていません。 祭りは古くから、伊勢神宮に近
 い愛知から三重にかけて広く農村で行われ、田植後の豊作
 を祈る祭りでしたが、いつの時代かに御鍬様・念仏踊り・
 お練り等が地域毎に取込まれて、独特な祭がつくりあげら
 れてきたものと考えられます。

  澁川神社では、春に植えられた稲が、虫の被害に合う事
 なく、天候にも恵まれて順調に育ち、秋の豊作を迎えられ
 るよう五穀豊穣を祈願する夏に行われる祭事です。
  澁川神社を出立し、直曾神社、二反田のお天王さまと、
 総代衆が太鼓を打ち鳴らし、掛け声と共に巡行して行きま
 す。二反田天王さまでは、地元の方々と共に参拝をし、其
 々にあたたかい「おもてなし」を戴き、人々との再会を喜
 び合い澁川神社へと太鼓を敲き岐路にたちます。

  祭りの規模こそ小さなものですが、自然と人とが一体と
 なった本来の祭りの姿が、継承されていると言えます。
  昔は農作物に関わる祭事でしたが、稲作が少なくなった
 現代では、町々を巡行くし広くは五穀豊穣の他、人々の弥
 栄を願うなど、祭事の精神は少しずつ時代の変遷と共に、
 人々に受け入れられやすい姿に変わっていくのです。来年
 は是非地域の方々と共に祈願巡行が出来ます事、願ってい
 ます。

     大鍬祭アルバム 2017年7月 田園地区巡行



  総代衆が巡行の際に唱える掛け声
  
   「豊年や豊年や 大鍬様ござった にそくさんわで
     ごとうはっしょ あとは おかかのまつばりょう


        大鍬祭 直会神社地区にて
   
 先に植えられた神社田にて 
 太鼓を敲き今年の豊作を祈り
 いよいよ街中を通り直曾神社
 へと向かいます。

     直曾神社
  神社責任役員の参拝


 

   

     最近の行事・出来事等、お知らせ
        令和元年 8月 23日現在

  1. 祈願開始時間のお知らせ

 弊社での祈願開始時間は10時から始まります。
 終了時間は15時迄。事前に申し込みをお願い致
 します。 祭事開催日は開始時間が変わる事が
 あります。事前に社務所でご確認下さい。



  各種祈願 受付けご案内
                     
       - 祈願 開催日 -

 但し、都合により変更する場合もありますので、事前
 に、ご相談、ご連絡をお願い致します。
 問い合わせは、社務所にて承っておりますが、電話
 でも結構です。

 1.昇殿参拝
 初宮詣り  七五三詣り  厄除祓い   心願成就
 学業成就 合格祈願   健康長寿  勝運向上
 家内安全 安産祈願   交通安全  車御祓い
 結婚式  各種祈願   ご祈祷他

 2.外祭
 地鎮祭 入居祓い 忌年祭 その他出張祈願等



   連絡先 澁川神社 0561-51-3038  


          権宮司シリ-ズ
  
 
   第17回
 
  渋川小学校校歌2と盈涸の甕について

     令和元年7月7日掲載  
        

 
   
    
       令和元年 8月 23日現在

 

 
人気のご朱印 澁川神社・直曾神社

  ここ数年来、多くの方々にご用意しているご
 朱印です。神社参拝のお帰りの際には是非社務
 所にお立ち寄りください。
  地元はもとより、遠方からの参拝者にもご好
 評戴いております。皆様には社務所にてお待ち
 致しております。


 
    神宮・澁川神社・直会神社
    厄除各御神札が整いました。
     
   
 




    
   俳句・短歌  詩の集い
      令和元年 8月 23日現在

  早くも立秋を過ぎ、秋への衣替えが、
 ゆっくりと少しづつ、始まる時節となりました。
 そう言えば、朝の陽ざしの傾きも変わって来た
 ように思う今日この頃です。
 早起きをされましたら、ちょっと窓を開け朝日の
 様子など、ご覧ください。



 
俳句 「初秋 八句集」 ご紹介

  八朔や家康江戸の初登城

  文月の八日の星は見ざりけり

  菜虫取り割箸持つは呆け防止

  初秋や出窓は少し開けたまま
         ・
        他 4句掲載

  俳句・短歌・詩など、文芸サロンへ


  


  ー 詩 名残酒 一節 ー


   泣くな嘆くな男なら

    恋の未練がなぜ切れぬ

     涙かくしてこのグラス

   今宵限りの名残酒



 

        季節だより
         2019-08-15
 
         緑と木陰



            
 
      神社INDEX      



         
         澁川神社 公式サイト
アクセスカウンター
参拝者数 since 2011-07

    



















  




















     

















    アニメーションの組み合わせ
  プログラム稼働  毎日変更

月曜 X軸回転せり出しは     RoXSeri
火曜 横直方体ズーム回転    ZCubeY
水曜 縦直方体ズーム回転    ZCubeT
木曜 ランダム直方体ズーム回転 ZCube
金曜 3Dズーム横裏返し      3DZUraY
土曜 3Dズーム縦裏返し     3DZUraT
日曜 3Dズームランダム裏返し  3DZUra
                  
月曜 X軸回転せり出しは     ZCubeY
火曜 3Dズームスクロール    3DZSc1Y
水曜 縦3Dズームスクロール   3DZSc1T
木曜 縦3Dズームスクロール   3DZSc1
金曜 X軸回転せり出しは     RoXSeri
土曜 3Dズーム縦裏返し     3DZUraT
日曜 3Dズームランダム裏返し  3DZUra
TEST 横直方体ズーム回転 TES