澁川神社

しぶかわじんじゃ    御祭神 高皇産霊神    宮中祭祀  
 
        
                 

友等によって、改修・改築されたと云う社殿は
今では本殿・祭文殿・拝殿と一直線に並ぶ尾張造りの美しい姿を澁川の杜に映します。
 


1.澁川神社祭禮と行事その意義  

2.澁川神社四大祭 

3.主なる宮中祭祀について 
 


3. 澁川神社 宮中祭祀


                                                                         




      「主なる宮中祭祀について」
 

     現在行われている宮中祭祀を少し、ご紹介(概説)しましょう。

      <宮中祭祀の内容>

      四方拝    宮中で行われる一年最初の儀式
      歳旦祭    宮中三殿で行われる年始を祝う祭祀
      元始祭    天皇が主宰する親祭:皇位の元始を祝ぐ儀式
      先帝祭    先帝崩御日に毎年斎行される大祭 (昭和天皇)
      祈年祭    毎年2月、一年の五穀豊穣などを祈る神道の祭祀

      <春季皇霊祭・春季神殿祭>
      神武天皇祭   神武天皇を祀る皇室の祭祀 
      皇霊殿御神楽
      先后の例祭  香淳皇后:昭和天皇の皇后
      節折・大祓  6月と12月の晦日に行われる除災行事
             6月の大祓を夏越の祓
      先帝祭    明治天皇祭

      <秋季皇霊祭・秋季神殿祭>
      神嘗祭    宮中及び伊勢神宮で儀式が執り行われる五穀
             豊穣の感謝祭      
      鎮魂祭    宮中で新嘗祭の前日に天皇の鎮魂を行う儀式
      招魂祭    日本の陰陽道・中国の道教で行われる祭祀・呪術
             のひとつ。
      新嘗祭    収穫祭にあたるもので、11月23日に天皇が五穀の
      (大新嘗)   新穀を天神地祇に進め 又、自らもこれを食して
             その年の収穫に感謝します
      天長祭    天皇の誕生日を祝う国民祝日:天皇誕生日
      先帝祭    大正天皇祭
      節折・大祓  6月と12月の晦日に行われる除災行事
             12月の大祓を年越の祓





   「現代に於ける宮中祭祀の位置付け」


    日本国憲法やその下の法律に宮中祭祀についての明文の規定はなく
    現在の宮中祭祀も皇室祭祀令に基づいて行われております。
    また、これに係る予算も皇室の内廷費によって処理されている為に
    多くの憲法学者が戦後の宮中祭祀を「天皇が私的に執り行う儀式」
    と解釈するようになりました。

    一方では多くの学者を中心に「皇室に私なし」とする立場から、戦
    後の「内廷」を戦前の「宮中」のような公的な存在ととらえ、宮中
    祭祀を「内廷の公的な祭祀」とする学説が根強く存在しています。

    過去には内閣総理大臣はじめ三権の長が大祭を中心に一部の祭祀に
    陪席している事が確認されています。佐藤栄作首相、麻生太郎首相
    等は在任期間中に多くの宮中祭祀に出席しておりました。

    時の間違った政治的判断、偏った思想、他国からの圧力とは関係な
    く、先ずは我々は日本人であること、自然の恵み豊かな国、人を慈
    しみ文化を愛して来た国民性は、現代の複雑な世界にあって、唯一
    誇れる民族であると思います。これから先、この善き国を未来永劫
    へと継承して行く為にも、人を敬い支え合う心が大切であり、何千
    年と受け継がれている歴然とした「礎」を重んじ、誇りある日本人
    としての「Identity」を大切にして行きたいものです。



                                   





   神社祭禮    神社INDEX