第7回 考察:結婚式がやって来る
                
平成29年10月15日掲載
           
                  素晴らしき善き日を待ちて


        日一日と日没が早まって、秋の深まりを感じるように なりました。多くの生きものでは
      日長の変化により生 殖活動が促される所謂、恋の季節となります。

        人は一年中いつでも恋が叶いますが、春や秋は特別な気がします。取分け秋は空気が澄み
      吸い込まれるような青い空や、鮮やかな夕焼け空など、誰かと共有したくなります。また稔
      りの秋でもあり、美味しい食べ物が戴 けます。いっぱい食べ、いっぱい恋をしましょう。

        この秋真っ盛りの10月22日には、昨年の春以来の結婚式を、この澁川神社で行う事に
      なりました。関係者一同は大いに喜び、式の準備に取り組んでいます。
        行事で、大切な役割を果たす若い巫女さんは、将来の自分達の姿を想いながら、所作や舞
      の練習にも熱が入ります。

        当日は、自らも典儀として、式の進行役を担うことになり、緊 張感が高まっています。
      若いお二人の華やかな門出に相応しい結婚式になるよう、神社関係者一同願っています。
  
 

   
   
                       平成29年10月15日
                            澁川神社 権禰宜 記 





もどる