俳句・短歌 綴り
   
     令和元年 6月22日   もどる    


 



       俳句十句 「 お題-夏

    
 
        襟開けて川瀬の風や合歓の花

        線香の揺れに合わせて蚊の踊る


        空豆の尻突き上げて反抗期

        樟若葉大地の水を葉先まで


        水上の湯屋訪ね行く麦の秋

        帯とれば白き肌あり初なすび


        さ緑の繭は山蛾の創りたる

        げんげ田をひとつ見付けて里心


        紫陽花や名も無き寺の道しるべ

        見過ごすな紀伊の熊野の楠若葉




                    もどる